便秘に悩む、温泉に行けない人はこちら ⇒ カイテキオリゴ1ヵ月分プレゼント


2013年08月22日

【残暑厳しいこの季節、悩む人が急増中の「夏場便秘」とは?】便秘に効く温泉宿のご紹介

便秘になる方は1年中のような気がするのですが…。
夏場だけなるって人いるのか。


週プレNEWS【2013年08月22日】
 残暑厳しいこの季節、悩む人が急増中の「夏場便秘」とは? から


猛暑日が続く今年の夏。
熱中症の危険もさることながら、原因不明で突然の“便秘”に悩まされる人が増えているという。

東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニックの川嶋朗所長が説明する。

「それは夏場便秘ですね。毎年この時期になると悩む人が増えるんです。主な原因はふたつ。“脱水”と“冷え”です」

暑さで脱水症状気味なところに加え、クーラーで体が冷えきってしまう。
そんな人が夏場便秘にかかりやすいのだ。

「夏は汗をたくさんかくので、便を軟らかくする役割を担う腸内の水分が減りがちです。こまめに水分を摂ることは便秘対策の絶対条件です。ただし、アルコールには利尿作用があり脱水を促進しますのでオススメできません」(川嶋所長)

水分補給が重要だが、ビールやハイボールをガンガン飲んだら逆効果だということだ。

しかし、体が冷えているのにお腹を下すのではなく、便秘になってしまうのはなぜか?

「生まれ持った体質の違いも影響しています。下痢も便秘も水分を吸収する役割である大腸が正常に機能しなくなることが原因なんです。内容物をとどめられないと水分がそのまま出て下痢に、内容物をとどめすぎると水分が過剰に吸収され便秘になるんです。便秘は腹痛や悪臭だけでなく痔や肌トラブルも引き起こし、最悪の場合、がんにまでつながる恐ろしい不調信号なので、しっかり対策をとってくださいね」(川嶋所長)

軽視できない夏場便秘。
川嶋所長は対策について、こうアドバイスする。

「ドリンクは常温で飲むことをオススメしています。買ったばかりの冷たい状態では飲まず、しばらく時間を置いてから飲んでください。また、朝起きたときに、白湯を一杯飲むだけで一日の腸の動きが大きく変わりますよ。ほかにも夏野菜には注意が必要です。確かに野菜のビタミンや繊維質は便の質を上げる効果はあるのですが、トマトやキュウリなど、この時季の旬の野菜は体を冷やす働きがあるんです。ただ、この野菜も加熱すれば大丈夫なので、なるべく煮たり炒めたりして食べてください」

そのほか、エアコンは28度以上に設定、夏バテでも食事は抜かない、などの心がけで夏場便秘を回避できるという。
すでに兆候のある人は、できることから始めてみよう。

やっぱ夏野菜カレーでしょ!




posted by スパ18号 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372706126

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。