便秘に悩む、温泉に行けない人はこちら ⇒ カイテキオリゴ1ヵ月分プレゼント


2013年08月22日

【残暑厳しいこの季節、悩む人が急増中の「夏場便秘」とは?】便秘に効く温泉宿のご紹介

便秘になる方は1年中のような気がするのですが…。
夏場だけなるって人いるのか。


週プレNEWS【2013年08月22日】
 残暑厳しいこの季節、悩む人が急増中の「夏場便秘」とは? から


猛暑日が続く今年の夏。
熱中症の危険もさることながら、原因不明で突然の“便秘”に悩まされる人が増えているという。

東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニックの川嶋朗所長が説明する。

「それは夏場便秘ですね。毎年この時期になると悩む人が増えるんです。主な原因はふたつ。“脱水”と“冷え”です」

暑さで脱水症状気味なところに加え、クーラーで体が冷えきってしまう。
そんな人が夏場便秘にかかりやすいのだ。

「夏は汗をたくさんかくので、便を軟らかくする役割を担う腸内の水分が減りがちです。こまめに水分を摂ることは便秘対策の絶対条件です。ただし、アルコールには利尿作用があり脱水を促進しますのでオススメできません」(川嶋所長)

水分補給が重要だが、ビールやハイボールをガンガン飲んだら逆効果だということだ。

しかし、体が冷えているのにお腹を下すのではなく、便秘になってしまうのはなぜか?

「生まれ持った体質の違いも影響しています。下痢も便秘も水分を吸収する役割である大腸が正常に機能しなくなることが原因なんです。内容物をとどめられないと水分がそのまま出て下痢に、内容物をとどめすぎると水分が過剰に吸収され便秘になるんです。便秘は腹痛や悪臭だけでなく痔や肌トラブルも引き起こし、最悪の場合、がんにまでつながる恐ろしい不調信号なので、しっかり対策をとってくださいね」(川嶋所長)

軽視できない夏場便秘。
川嶋所長は対策について、こうアドバイスする。

「ドリンクは常温で飲むことをオススメしています。買ったばかりの冷たい状態では飲まず、しばらく時間を置いてから飲んでください。また、朝起きたときに、白湯を一杯飲むだけで一日の腸の動きが大きく変わりますよ。ほかにも夏野菜には注意が必要です。確かに野菜のビタミンや繊維質は便の質を上げる効果はあるのですが、トマトやキュウリなど、この時季の旬の野菜は体を冷やす働きがあるんです。ただ、この野菜も加熱すれば大丈夫なので、なるべく煮たり炒めたりして食べてください」

そのほか、エアコンは28度以上に設定、夏バテでも食事は抜かない、などの心がけで夏場便秘を回避できるという。
すでに兆候のある人は、できることから始めてみよう。

やっぱ夏野菜カレーでしょ!




posted by スパ18号 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【腸腰筋を鍛えて便秘を防ぐ】便秘に効く温泉宿のご紹介

腸腰筋。

ドンピシャでエクササイズマシンがあるんですね。
って事はやはり重要なのかな?



マイナビニュース【2013/08/14】
 ゆがみや便秘を防いでくれる●●を鍛えれば美ボディ&美肌になれる! から


美肌の大敵である、身体のゆがみや便秘。
実はこれらの悩みは、とある部分を鍛えることで意外なほど簡単に悩みを解消出来る場合があります。
果たしてどんな風にどこを鍛えればいいのでしょうか。
詳しく紐解いてみたいと思います。


■ゆがみや猫背、便秘、を防ぐ「腸腰筋」
「腸腰筋(ちょうようきん)」は日常生活ではあまり耳にすることのない筋肉の名前かもしれません。
しかしながら私たちの身体を支えているいわば縁の下の力持ち的な存在なのです。

腸腰筋は腸骨筋と大腰筋の二つで構成されており、骨盤を支え、腸の機能をコントロールする重要な存在なのです。
デスクワークで一日中椅子に座りっぱなしなどで腸腰筋を使わないことで骨盤がゆがんでしまったり、猫背になってしまったりします。
また、腸腰筋を鍛えていないと頑固な便秘を招く恐れも。
ゆがみや猫背、便秘を防ぐためにも腸腰筋を鍛えましょう。


■日常生活で鍛える方法:階段を上れ!
日常生活の中で簡単に腸腰筋を鍛えるにあたって役立ってくれるのが「階段を上る」という動作。
駅やオフィス内での移動ではついついエスカレーターやエレベーターを使いがちですが、なるべく階段を使うように心掛けましょう。

階段の下りでは腰に負担がかかることもあるので、基本的に階段は「上り」の動作がおすすめです。


■腸腰筋に意識を集中して生活を
普段から腸腰筋の存在を意識して生活をすることも効果的です。
たとえば、仕事の合間に腸腰筋周り(くびれのあたり)に力を入れたり緩めたりを繰り返してみたり、フラフープをするように腰周りで円を描いてみたり、といった感じでリフレッシュを兼ねて腸腰筋周りを動かしてみても良いでしょう。


鍛えることで身体の不調や便秘が解消出来る腸腰筋。
地道に常日頃腸腰筋の存在を意識してヘルシーな体と肌づくりをしちゃいましょう。



posted by スパ18号 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【つら〜い夏の便秘にはエリンギスープ】便秘に効く温泉宿のご紹介

エリンギで思い出した、美味しい食べ物。

これ。

楽天にも売っていました。

辛いのダメな人にはお勧めできませんが…代謝もアップしてイイかも。
汗かくので水分補給は忘れずに 便秘になります。

マイナビニュース【2013/08/08】
 つら〜い夏の便秘には「エリンギスープ」が特効薬であると判明! から


夏には便秘が起きやすい……。
感覚的に共感できる女性は多いと思いますが、医学的にも夏の便秘メカニズムは解明されています。
夏の汗が体の水分を奪い便が固くなるために生じる便秘、あるいは過剰な冷房で腹部が冷え腸の動きが鈍化して生じる便秘。
これら2種類が夏の便秘として確認されています。

特に後者の便秘、冷房による腸の運動力低下がもたらす便秘は深刻化すると言われていますが、何か対策はないのでしょうか?


■夏の便秘は、キノコスープで改善が可能

結論から言いますが、エリンギなどを使ったキノコスープで夏の便秘は改善できます。実際キノコには、

(1)便秘改善効果がある

(2)スープにすれば水分摂取と体温アップを同時に行える

というメリットがあります。非常に重要なポイントなので、少し詳しくみていきましょう。

1:キノコには便秘改善効果がある
菌活という言葉で近年注目されているキノコには、便秘改善効果が確認されています。
2002年に開かれた日本応用きのこ学会第6回大会では、エリンギを含む食事が被験者の便の回数を増加させたというデータも発表されています。

要因に関しては研究段階ですが、キノコには食物繊維が豊富に含まれており、その食物繊維が排便の回数を増加させたのではないかと考えられています。


2:スープで水分摂取と体温アップを同時に行える
夏の便秘は腸を冷やし過ぎても起こると説明しましたが、冷房だけではなく冷たい飲料や食品ばかりを食べ続けても腸の運動能力が低下します。

キノコをたっぷりと含んだ温かいスープを食べれば、水分補給とともにお腹も温められます。
夏の便秘には極めて効果的な食事なので、積極的に摂取してください。


目安は1日にエリンギ1パック

先ほど述べた排便回数の研究から考えると、1日の摂取目安はエリンギ1パック(2本ほど)になります。
2本というとハードルが高そうに思えますが、スープなら1食でエリンギ1本を簡単に食べられます。

キノコは美肌、脂肪燃焼、夏バテにも効果があると言われているので、“菌活”の一環で積極的に摂取して夏の便秘を上手に乗り切ってください。


女性の大敵、つら〜い便秘。
ぜひ、エリンギたっぷりのキノコスープで解消して、充実した夏をお過ごしください!



posted by スパ18号 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。