便秘に悩む、温泉に行けない人はこちら ⇒ カイテキオリゴ1ヵ月分プレゼント


2017年09月15日

【浣腸にプレミアム革命】便秘に効く温泉宿のご紹介

ユーザーの不満の声から生まれたジャバラ型浣腸。
使った人にしかわからない革新的な浣腸のようです。

日経トレンディネット【2017年09月14日】
 浣腸にプレミアム革命 “ジャバラ、超長、うねうね” 浣腸を知らない世代にも奇抜アピール から


便秘の特効薬としておなじみの浣腸(かんちょう)が、この10年で大きな変貌を遂げている。
これまでは、浣腸の代名詞にもなっているイチジク型が主流だったが、新たにジャバラ型の容器が登場。
ひと押しでつぶしやすい形状が液残りの不満を解消し、高齢者にも使いやすいと人気を集めている。

日本初のジャバラ型浣腸を開発したのは、兵庫県の淡路島に本社と工場を構える浣腸専業メーカーのムネ製薬だ。
同社は「コトブキ浣腸ひとおし(以下、ひとおし30)」の商品名で2006年8月に発売。
さらに、2017年5月、ジャバラ型の第2弾「コトブキ浣腸ひとおし40プレミアム(以下、ひとおし40プレミアム)」を発表し、累計出荷本数は3000万本を突破した。
そこで、がんこな便秘に悩むヘビーユーザーからも高い評価を得ているという新商品の秘密を探った。



ムネ製薬が今年5月に発売したひとおし40プレミアムは、ジャバラ型の容器で、お尻に挿入するノズルの長さがかなり長い。
しかも、ノズルがうねうねしたウエーブ状になっているのが大きな特徴。
容量は40グラムで普及版のひとおし30より10グラム多い。

開発のポイントについて、同社の西岡一輝社長はこう説明する。
「新商品は浣腸の3大不満である『液残り』『ノズルの長さ』『容量』を解決し、さらに挿入しやすくした。
当社ではすべての商品に消費者カードを封入していて、『量を多くしてほしい』『もう少し奥に入れたいので先を長く』といった、ユーザーの声に応えた」。

そもそも浣腸の常識を覆すジャバラ型の容器も、消費者カードに書かれていた不満の声から生まれたという。
「使用後の容器に液が残っているのが気になる」。
液残りに対する不満は6割を占めていた。
イチジク型容器の場合、製造工程上、底に厚みが出てやや硬くなるため、液をすべて注入するのが難しい。
そのせいで、効き目に対する疑問やもったいないという感覚がユーザーの不満の原因になっていたという。

そこで、最初に縦型ジャバラが考案されたが、実際に使ってみるとうまく押しつぶせない。
考えあぐねていた矢先、同社の西啓次郎会長が旅行先のウィーンの街角で見かけたアコーディオンが、横型ジャバラのヒントになったという。

「アコーディオン型にすれば容器を簡単に押しつぶすことができ、使用後の残量が改善できると思った」と西会長。
帰国後、早速、容器メーカーと共同で横つぶし式の浣腸薬を開発。
挿入ノズルも少し長くすることで、液残りを3分の1に減らすことができた。

「顧客の6割は60歳以上の高齢者なので、押しつぶしやすいジャバラ型の登場は革命的だった」と西岡社長。
しかも、イチジク型と違い、床に立てて置けるので衛生面でも評価が高かった。




posted by スパ18号 at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

【便秘が招く病気の恐怖と自分でできる対策】便秘に効く温泉宿のご紹介

>死に至る症例もなくはない
長引く時は迷わず医療機関に。

マイナビニュース【2017/09/12】
 死に至る症例も! 便秘が招く病気の恐怖と自分でできる対策を医師に聞く から


便秘に悩む日本人は多い。厚生労働省が発表している「平成25年国民生活基礎調査の概況」によると、日本人の人口1,000人あたりの患者数は男性が26人、女性が48・7人となっており、女性の場合は20人に1人が便秘で悩んでいる計算になる。
「何日も便が出ない」「お腹が痛い」などの症状に悩まされつつも、仕事や家事・育児が忙しくて便秘をそのまま放置している人も少なくないだろう。

だが、食物の不消化部分などの"不要物"がいつまでも体内にたまっているような状況が好ましいわけはない。
場合によっては便秘が原因となりほかの病気に罹患する恐れもある。
今回は消化器外科・外科の小林奈々医師に便秘が招く病気の種類とその症状についてうかがった。


☆長期にわたる便秘は体に悪影響を及ぼす可能性が高いと思われますが、具体的に便秘が疾患を引き起こすことはあるのでしょうか☆

便秘が続くことで発症する病気には腸閉塞や痔、口臭、肌荒れなどがあります。詳細な罹患率は不明ですが、腸閉塞はそれなりの頻度で我々は診療しています。
まさに便が腸の中に詰まった状態であり、場合によってそれにより感染を起こしているケースもあります。
重症なときは手術を行う場合もあり、死に至る症例もなくはないです。

次に痔についてですが、便秘になると排便時に肛門部に負担がかかるようになるため、痔を発症します。
裂孔も然りで肛門部への物理的圧がかかることにより肛門部の皮膚や粘膜が裂けてしまうのです。
口臭や肌荒れは便秘に伴う腸内環境の悪化により起こります。

「便秘が大腸がんのリスクになる」と言われていた時代もありますが、現在では研究により直接的原因とは言えないとされています。
便秘は多くの方がなる病気でありながら奥が深く、さらなる研究結果が待たれます。


☆腸閉塞を発病した際の症状を教えていただけますでしょうか☆

腸閉塞の症状としては腹痛や腹部膨満、吐気、嘔吐、腰痛、食欲低下などがあります。
腸閉塞までなってしまった場合は薬剤などで排便を促すことは難しくなっているケースも多く、手術をして便を摘出し人工肛門を造ることもあります。

ただ、このような重症になるケースは便秘になる素地として精神疾患や神経疾患、先天性疾患があることが主で、一般的な便秘では簡単にはならないのでご安心ください。


☆便秘にならないのが一番ですが、もしもなってしまった場合は症状を重篤化させないことが肝要だということですね。家庭でも簡単にできる対処法にはどういったものがあるのでしょうか☆

便秘になったときの対処法としては、まず食べ物を見直しましょう。
食事量が少ないと便自体の材料が少ないため、便秘になりやすくなることがあります。
食物繊維や適度な脂質を摂(と)ることも大切になります。

適度な運動を行い、腸に刺激を与えることも大切です。
ツイストを加えた体操やストレッチでより刺激を与えたり、直接的に腹部を温めたりマッサージしたりすることで刺激を加えることも有効です。

私が診察室でお会いする便秘の方の多くが、お腹の筋肉が弱い印象があります。
腹筋はお腹の部分のコルセットに当たります。
腹筋が弱いと固定されている腸が下垂や前に出やすくなり便秘になりやすくなります。
排便時にも腹筋はとても大切ですので、腹筋を意識することはとても重要になります。
そして、食事や運動などのこれらの対策は便秘の予防にもなります。


☆下剤という選択肢もあると思いますが、その前に食事内容や運動といったライフスタイルの改善を図った方がよいということですね☆

下剤の乱用は習慣性になったり慢性便秘の原因になったりするため、薬を試す前に生活習慣を見直すことがとても大切になります。

最近では腸内フローラといって腸内環境を整えることが身体の免疫力を上げ、腸の働きをよくし(便秘予防)、生活習慣病の改善や老化予防に役立つと考えられています。
ぜひ、腸の生活習慣を見直してみてください。

どうやったらいいのかわからないこともあったり、便秘で病院を受診することに抵抗がある方もいらっしゃったりするかと思います。
それでも、一人で悩まずにどうぞお気軽に医療機関を受診してください。




posted by スパ18号 at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

【便秘解消の為の日常生活の思い込み】便秘に効く温泉宿のご紹介

思い込み。
常識も時代とともに…。
専門家への相談が何より。

livedoor Peachy【2017年9月7日 6時58分】
 専門医に聞いた便秘の解消法 日常生活において捨てるべき「思い込み」 から


女性の身体の悩みとして挙げられることが多い便秘。
症状は人それぞれで、お腹の張りや痛みに悩む人もいれば、数日出ていないけど何ともない人もいますよね。
すぐ出したいとは思うけど、便秘薬に頼って良いの?
なんて疑問に思ったことはありませんか。

今回は、松島ランドマーククリニック院長の松村奈緒美先生にお話を聞いてみました。


☆便秘とはどのような症状でしょうか?
実は正式な定義はありませんが、一般的には排便が週3回未満、便を出すのに苦労している、残便感やお腹の張りなどの症状がある場合を指します。
しかし、どれも必要十分条件は満たしていません。
例えば、排便の回数が少なくても、食欲があり、楽にスルッと出て、普段お腹の張りなどの症状がなければ必ずしも便秘とは言えないと考えられています。
便の回数が少ないことが問題であれば、便(になるもの)の量が少ない、腸の動きが弱い・正しく動いてないということですし、出しにくいということなら出始めの便が硬い、肛門が狭い、直腸が拡がっている、筋肉の動きが正しくない、何かが便の出を邪魔している、などの原因が考えられます。

☆男性より女性が便秘になりやすいのはなぜでしょうか?
女性の方が便秘になりやすいかどうかはともかく、女性に便秘が多いということは言えます。
考えられる原因、要因は以下の通りです。
・ダイエットなどでそもそもの食事量が少ない
・朝食を食べない、運動量が少ない、不規則な生活、ストレスなどから腸の動きが悪い
・生理前のホルモンバランスの変化
・妊娠出産による骨盤底筋の機能の変化
・痩せるためなどの理由で刺激性下剤を安易に常用した結果、下剤を飲まなければ出ない 
・直腸の前の壁(膣と直腸の間の壁)が薄いため、硬い便だとその壁を直腸側から膣の方へ便が押されてしまうことがある(この場合、膣の壁を指で直腸の方へ押して支えてやると排便しやすくなる)
・男性よりも骨盤が大きく、直腸が拡がるスペースがあるため、そこに便がつまってくると肛門の開く大きさよりも更に大きな便ができてしまう。便が軟らかければ良いが、それが固いと肛門にひっかかって出にくくなる
など

■その便秘、病気かも?

☆便秘を放っておくと、どうなってしまいますか?
トイレに座っている時間や力む時間が長いといぼ痔に、便が硬ければ切れ痔になりやすいです。
何日も便が出ないのを放っておくと、硬くなり出せなくなって緊急に手術などの対応が必要になることがあります。
しかしそれより怖いのは、ただの便秘だと思っていたら、実は腸閉塞や大腸がんが原因だったというケース。
便秘を放っておいたからガンになるのではなく、便秘の原因がガンかもしれない、ということです。

☆便秘薬を使い過ぎると効かなくなると聞きますが、本当ですか? 
アロエやセンナ、大黄などのアントラキノン系と言われる植物由来の便秘薬や、ビサコジルという成分の便秘薬は、『刺激性下剤』と呼ばれています。
これらは、腸を強く刺激して動かすことで便を出す仕組みです。
しかし、腸がその刺激に慣れると、どんどん強い刺激にしないと効かなくなっていきます。
これらの下剤はそうやってどんどん量が増えていく傾向がありますので、よほどでない限りオススメはできません。
まず、自分はなぜ便秘薬を使いたいのかをはっきりさせます。
緊急でどうしても出さなくてはいけないなら下剤や浣腸になりますが、女性の便秘は、便の出始めが硬いために出しにくい、ということがほとんどです。
このような場合、『腸を動かす薬=刺激性下剤』ではなく、『便を軟らかくする薬』が必要です。
市販薬ではマグネシウムを含んだ薬が水分をつかまえて逃がさないようにしてくれて、便が軟らかくなります。
便秘になってからまとめて飲むより、毎日少しずつ飲んでおくと、何日か便が出なくても硬くならないために楽に排便できますよ。
また刺激も少ないため腹痛が起こりにくいのが利点です。
ただし、どの薬にも言えることですが、一日の用量は必ず守りましょう。

便秘解消のために、日常生活でどんなことに気を付けたら良いでしょうか?
まず、毎日便を出さなくてはいけないとか、便を出すと痩せるという思い込みは捨ててほしいと思います。
毎日便を出したいならそれに見合った食事が必要です。
消化の良いものばかりを食べていては便は出ません。
消化が良い食べ物とは、消化された後に血液に入り、糖や脂肪はエネルギーに、タンパク質は身体を作る役割に回るため、便にならないのです。
消化されない食べ物をたくさん食べれば、便の量や回数は増えます。その代表が食物繊維ですね。
朝食は腸を動かすスイッチなので、水分だけなどで済ませず、きちんとした食事を取りましょう。
また、便を軟らかくするには水分量が決め手。
まとめて一気に飲むのではなく、こまめに一時間にコップ一杯くらいずつとるのが理想的です。
そして、身体をまめに動かしましょう。
連日ジムに行くとかではなく、身体を動かす癖が重要です。
お腹に直接響くような、ひねる、縮める、伸ばす、深呼吸をする、軽くジャンプする、うつ伏せでお腹をやさしく圧迫するなどの動きが効果的と言われています。
おへその周りにのの字を書くように、強い力は使わず、繰り返しやさしくマッサージしてみてください。

☆ALICEY読者にアドバイスがありましたら、お聞かせください。

自然の原料だから安心などの理由で、植物由来の下剤を毎日飲んでいる女性は多いです。
しかしこれらは安易に飲み続けることで癖になりやすい下剤であることを知っておいてほしい。便秘薬を飲んではいけないとは言いませんが、何のために便秘薬を飲むのか、その目的をはっきりさせておきましょう。
便を出せば痩せると思い込んでいる女性もいますが、体重は減っても脂肪は減りません。
便秘対策は正しい食事と生活習慣が基本です。それでも改善しないなら、専門医を受診してくださいね。

食事、運動、生活習慣のバランスを見直して、薬に頼らないリズムを手に入れたいものですね!
いつものことだからとあきらめずに、気になることは相談しましょう。




posted by スパ18号 at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする