便秘に悩む、温泉に行けない人はこちら ⇒ カイテキオリゴ1ヵ月分プレゼント


2017年08月31日

【つらい便秘に打ち勝つための食材3つを紹介】便秘に効く温泉宿のご紹介

納豆、オリーブオイル、バナナ。
ほとんど毎日摂ってるな。

livedoorニュース【2017年8月27日 6時58分】
 ヨーグルトよりも効果あり?つらい便秘に打ち勝つための食材3つを紹介 から


女性の悩みで、便秘がありますが、これに効くといわれている食べ物、飲み物は数知れませんね。
代表的なものは乳酸菌の働きを良くすると言われている「ヨーグルト」。
しかし、実はヨーグルトに負けず劣らず、便秘の時に取り込むとよい食材があるのをご存知ですか?
今回は、つらい便秘に打ち勝つための食材を紹介していきます!

■便秘の原因とは?

便秘の原因は、諸説もろもろありますが、病気などではない場合、一般的には以下の原因が考えられます。

・腸の動きが鈍い
・体内の水分が不足している

特に、食事の量が少なかったり、水分を十分に摂れていない人は要注意。
便が硬くなったり、排便の回数が少なくなったりします。
基本的には、決められた時間に規則正しく食事をとったり、こまめに水分補給をすること。
また、腸の動きを活発にするためにも食べ物をよく噛み、腸内で吸収されやすくする準備をしておくことが、まず大切なことでしょう。

そのうえで、便秘の時に体に入れると良い食材を紹介します。

☆納豆
原料の大豆には食物繊維が多く含まれており、乾燥状態の時は他のどの食品よりも多いと言われています。
それを発酵させて作った納豆は腸に良い作用をもたらすと言われています。
特に、大豆自体に多く含まれている大豆オリゴ糖は腸内の善玉菌の大好物となっていて、腸内環境を整えるのに適しています。

☆オリーブオイル
オリーブオイルに大量に含まれるオレイン酸は、腸を刺激し、ぜん道運動を活発にするのだそうです。
昨今ではオリーブオイルを飲む人も増えているとのことですが、その時のポイントは、一度にまとまった量を飲むことなのだとか。

☆バナナ

今回挙げた食品は、便秘のみならず、体に足りていない栄養素を全体的に保管できるような健康食ばかりでしたね!
つらい便秘を解消するには、まずは食生活から!
あなたも普段から摂る食事を見直してみましょう!




posted by スパ18号 at 17:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

【妊娠中に病院で処方された便秘薬 飲んでも赤ちゃんに影響無い?】便秘に効く温泉宿のご紹介

>病院では、妊婦さんでも服用出来る酸化マグネシウムを便秘薬として処方することが多い。
そうでない便秘薬の場合はなぜそれを処方されたのか、確認が必要ですね。

アメーバニュース【2017年08月22日 11時00分】
 妊娠中に病院で処方された便秘薬 飲んでも赤ちゃんに影響無い? から


妊娠中の薬の服用は、赤ちゃんへの影響が気になるものです。
今回の相談者さんは、酷い便秘に悩まされ病院で薬を処方されたものの、怖くて飲めなかったようです。
病院の薬であれば、飲んでも問題は無いのでしょうか。
薬以外で便秘を解消したいという相談に、専門家からはどのような回答が寄せられたでしょうか。

便秘についての相談:「妊娠中の便秘薬が怖くて飲めません…」
『妊娠初期から出産まで、ずっと便秘に悩まされてきました。
元々慢性的な便秘でしたが、妊娠してさらに悪化しました。
主治医に相談したところ妊婦でも飲める薬を処方して下さったのですが、飲むのが怖くて結局飲めませんでした。
お医者さんが処方してくれるものなので信用はしているのですが、本当に胎児に影響はないのでしょうか?
また、薬を飲むこと以外に便通を改善する方法はあるのでしょうか?(20代・女性)』

なぜ妊娠をすると便秘になるの?
今まで便秘ではなかった妊婦さんも、もともと便秘だった妊婦さんも、妊娠を機に便秘になった、もしくはひどくなる方がいます。
なぜ妊娠中は、便秘になりやすいのでしょうか?

『妊娠初期に起こる便秘は、妊娠を維持するために分泌されている黄体ホルモンの影響です。
妊娠末期におこる便秘は、赤ちゃんや子宮が大きくなり腸を圧迫している影響によります。
そのため、妊娠中は身体の変化に伴って便秘になりやすいです。(看護師)』

妊娠期に処方されるのは酸化マグネシウム。
胎児への影響なし 病院で便秘薬として処方される酸化マグネシウムは、胎児へ影響を及ぼすことは無いようです。

『一般的に妊婦さんに処方される便秘薬は、酸化マグネシウムになります。
酸化マグネシウムは腸管に水分を浸透させて便を柔らかくする作用があり、胃酸を調節する働きもあります。
腸の動きが鈍くなった方や便が硬く腸内に留まった方に効果的です。
胎児には影響ありませんし、便の状態に合わせて処方されている規定量の範囲内で自身で調整しながら服用することも出来ます。(看護師)』


『妊娠中でも内服出来る薬ですので、安心して飲んで下さい。
便秘が酷くなると、痔に悩まされる妊婦さんも少なくありません。
妊娠中は水分が不足しがちだったり子宮が大きくなることで腸自体の動きが妨げられるため、便秘になりがちです。(看護師)』

食物繊維が豊富な食事を。
腸内環境を整えるには発酵食品が効果的 薬に頼らず便秘を解消するためには、食物繊維豊富な食事を心がけましょう。
腸内環境を整えるために、発酵食品を摂取することも勧められています。

『薬を飲む以外で便秘を解消する方法は、ウォーキングなど運動を行なって腸自体の血液循環を促進する、水分を十分に摂取する、食物繊維の多い物を摂る、腸内環境を整えるために発酵食品を定期的に摂取することなどがあります。(看護師)』

『食物繊維には水溶性と不溶性があり、どちらもバランス良く摂る必要があります。
水溶性食物繊維は根菜・大豆製品・海藻類・果物などに含まれており、不溶性食物繊維は穀類・豆類・玄米などに含まれています。
また、オリゴ糖や乳製品も腸内環境を整える効果があります。
食事以外ではお腹を冷やさないようにし、体調が良い時は軽い運動を心がけて下さい。(看護師)』

病院では、妊婦さんでも服用出来る酸化マグネシウムを便秘薬として処方することが多いようです。
胎児に影響は無く、安心して飲めます。
薬以外では、食生活の見直しが効果的です。
食物繊維が豊富な食材と、腸内環境を整える発酵食品を摂り入れましょう。
体調が良ければ、軽く身体を動かすこともお勧めです。




posted by スパ18号 at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする